免許に関する情報が満載!

安心の証明書免許

運転免許証の期限切れについて

運転免許証には「有効期限」が設けられており、通常は3年に1度、ゴールドの場合は5年に1度更新をしなければなりません。
しかし、何らかの理由によって有効期限が過ぎてしまうことがあります。
そのような場合、状況別に「救済措置」を受けることが出来ます。
例えば、入院や海外滞在、身柄を拘束されていたなど、「やむを得ない理由」がある場合、学科試験と技能試験が免除されたり、経歴が継続されたりするなど、様々な救済措置が受けられます。
ただし、失効後あまりに長い期間が経過してしまった場合は、救済措置を受けられなくなってしまうため、注意が必要です。
なお、手続きを行う場合は期限切れの運転免許証と住民票、申請用の証明写真、70歳以上の方は「高齢者講習修了証」を持参して、自分の住んでいる都道府県の運転免許試験場に行きます。
申請の際は、自分の持っている免許の種類に応じた手数料がかかります。
手数料の額は都道府県によって異なるものの、だいたい5000円ぐらいから14000円程度です。

免許が期限切れになった場合

3年または5年に一度の免許更新ですが、忘れていると結構大変な事になってしまいます。
免許書の期限切れ、いわゆる失効となってから、どれくらいの日数が経っているかでその後の手続き等が変わってきます。
手続きに関しては各試験所にて行います。
免許書の失効日から6ヶ月以内の場合は、適性試験に合格して講習を受講すると、即日交付されます。
失効日から6ヶ月以上、1年未満の場合は適性試験に合格すると、申請により仮免許の交付を受けることができます。
やむを得ない理由で更新できなかった場合には救済処置があります。
やむを得ない理由とは、海外へ渡航していた場合、入院していた場合などです。
それに該当する方は、失効日から3年以内であれば、適性試験に合格し、講習を受講すると即日再交付となります。
ただし、やむを得ない理由があけた1ヶ月以内に、更新できなかった理由を証明できる書類(パスポート、診断書等)を準備して各試験所にて再交付手続きを受ける必要があります。

Favorite

動画制作を大阪の会社に相談

Last update:2018/12/14